飲む量と身体への影響について

| 未分類 |

人間の体の約60%は、水分で構成されています。

 

水分があることで、体温の調整ができたり、栄養素を体の中で送ったり、代謝物を体外に排出することができます。生命を維持するために、毎日水分を補給する必要があります。人間の体から排出される量は約2.3リットルで、食べ物から吸収される水分を除くと、約1.5リットルが飲む量の目安になります。ペットボトル1本分です。水分量が不足すると、暑い日などに熱中症や脱水症にかかりやすくなります。とりすぎると、水中毒になり、体内のナトリウムが不足し、内臓への負担がおおきくなります。一度に大量の水分をとるのは控えた方がよいです。1日で少量をこまめに水分を補給するほうが体には負担がすくなく、健康維持や疲れを回復するのに役立ちます。

 

朝起きた時は、寝ている間に体から水分が蒸発して、血液内のミネラル濃度が高い状態になっています。1杯飲むことで落ちつきます。

 

運動しているときは、水分が失われていくので、適宜補給することが大事です。我慢すると、熱中症になる危険性が高まります。

 

入浴後も体温が上昇し、水分が失われます。一杯の水を飲み、補給することが大切です。

 

寝る前にも少量の水分補給しておくと、寝ている間に失われる水分を補うことができます。