飲む水とその温度について

| 未分類 |

水は人間の体にとって欠かせないもの。生命を維持するために必要なのはもちろんですが、美容と健康のためにも水を飲むことは大切です。水を飲むことによって便通がよくなったり、代謝がよくなるのでダイエット効果も期待できます。

 
しかし、特に意識せずに水を飲み、飲む水とその温度についてはあまり気にしないという方も多いのではないでしょうか。

 
水道水を飲むかミネラルウォーターを飲むかという点については、様々な意見があるので個人の考え方や好みによるようです。水道水は厳しい安全基準をクリアしていますが、殺菌に使われる塩素の臭いに抵抗を感じる人が多いようです。しかしその分雑菌などの繁殖を防ぐことができているわけです。一度沸かすことでカルキ抜きをすることはできますが、塩素が抜けた分雑菌が繁殖しやすくなるため扱いに注意しましょう。ミネラルウォーターは水道水に比べると安全基準がゆるいのですが、水そのものの味をあじわいたい人にはおすすめです。

 
次に温度についてです。水は冷たければ冷たいほどおいしいと考えられがちですが、冷たすぎると味を感じにくくなるばかりでなく、冷たい水が体の中に入ると体を内側から冷やしてしまうことになりますので、できれば常温の水を飲みましょう。ミネラルウォーターでしたら、常温の方が甘みや水そのものの味も常温の方がより感じることができます。

 
せっかく水を飲むのでしたら、知らず知らずのうちに体を冷やしてしまうのではなく、少し温度に気をつけることで自分の健康や美容にも気を使いたいものですね。